【脳科学】コツコツ続けるのが苦手な人は理想が高すぎるだけ

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

コツコツ続けることが苦手……。

 

コツコツ続けることができる人って、自分たちとはちょっと作りが違うっていうか、控えめに言って人間じゃないし頭おかしいよね。

 

その気持ち分かります。めちゃ分かります。

 

でもですね、コツコツ続けることは、実は誰にでも可能です。

 

「コツコツ続けるの向いてない」とかじゃねーんだよ!じゃなくて、ありません。

 

今回は、脳科学も交えて、そこンとこ説明していきます。

 

スポンサーリンク

コツコツ続けるのが苦手なのはなぜ?

 

理想が高い。

 

はい終わり。

 

というわけにもいかないので、文字数稼ぎのためにもうちょっと具体的に解説します。

 

あなたは、筋トレを始めるのに、いきなり腕立て100回とか、腹筋100回とか目標立てていませんか?

 

あるいは、それで過去に挫折したことがありませんか?

 

勉強2時間やろう、とか、いやいや6時間、とか、ハードル高すぎです。

 

腕立ての目標なんて1回でいいし、勉強時間の目標なんて1分でおkです。

 

これ覚えておいてほしいんですけど、始められなければ、その時点で全て終わっています。

 

コツコツ続けるためには、理想より現実を見る

 

頭の中って、物理ルールがないので、すぐに理想の姿を想像することができます。

 

太ってる人は、痩せている自分を即座に想像できるし、ひょろひょろな人は、マッチョな自分を即座に想像できます。

 

スーパーヒーローにもなれるし、魔王にもなれるし、ウーパールーパーにもなれます。

 

が、頭の中は、そのまま現実に投射できません!

 

現実には物理ルールがあるので、太ってる人は、ちょっとずつ痩せていくしかないし、ひょろひょろな人は、ちょっとずつムキムキになっていくしかないし、ウーパールーパーになりたい人は即座に頭の病院に行く必要があります。

 

寝て起きたら、理想の自分に!

 

なんてそんなことはあり得ませんしあり得たら多分それ世界線移動しているので機関に気を付けてください。エル・プサイ・コングルゥ。

 

結論:現実見ろ

 

スポンサーリンク

「コツコツ続ける」のに向き不向きはない

 

まず、コツコツ続けるのに性格は関係ないです。

 

向き不向きもないです。

 

ただ、コツコツ続けるのが得意な人は、続けるための「工夫」をちゃんとしています。

 

自分が続けられないことを分かっているからです。

 

なので、工夫次第です。

 

ぶっちゃけ、「向いてない」とかっていうのは言い訳です。

 

気持ちは分かります。
私も昔は「向いてないんだよね〜」と、向いてない自分(ドヤァ)なイタイ奴でしたので。(何がドヤァなのかは分からないが)

 

どうしたらコツコツ続けることができるのか

 

ここでちょっと、脳科学のお話をします。

 

脳には、「報酬系」というものがあります。

 

例えば、仕事帰りにお腹が空いて空いて空いて仕方がない時に食べるカップ麺。うま〜。サイコ〜。

 

そしてその時に感じる脳汁じゅわっな感じ!

 

それが報酬系です。

 

よく分からないという方はWikipediaへどうぞ。多分もっとよく分からなくなると思います。

 

とにかく、人間は、

 

  1. 何かをやる
  2. 何かを得る

 

という、欲求が満たされた瞬間に、報酬系が活性化します。

 

コツコツ続けるのがうまい人は、この報酬系を刺激するのが、うまい人です。

 

コツコツ続けるには報酬系を刺激する!

 

じゃあ、報酬系をどうやって刺激するのか?

 

実は、報酬系がめちゃくちゃ刺激されるあるモノがあります。

 

それは、ゲームです。

 

ゲームってあれよくできていて、人間の報酬系をめちゃくちゃ刺激してくれるんですね。

 

なので、一度ハマるとなかなかやめられないのです。

 

例えば、

 

  1. ミッションが発生
  2. ミッションクリア!
  3. 次のミッションが発生

 

といった感じに。

 

さらに、レベルの調整がうまーくされているという、まさに接待プレイ。

 

上記の例だと、2.のミッションクリア!が報酬系が活性化されるところですね。

 

なので、ゲームみたいに、一つ一つのタスクをミッション化してやってみると、報酬系を刺激しやすいです。

 

もうちょっと掘り下げて説明します。

 

コツコツ続けるには報酬系を刺激する!②

 

報酬系を刺激するのに、もっとも効果的なことは、

 

  1. 自分で目標を設定
  2. それを達成する

 

この二つです。
しかし、コツがあります。

 

まず、自分で目標を設定、ですが、これは文字通り「自分で」目標を設定してください。

 

他人に言われてやるのと、自分で決めたことをやるのでは、達成した時の脳汁じゅわっ感がちょっと変わってきます。

 

そして、目標の設定の仕方なのですが、最初はめちゃくちゃ低く設定します。

 

例えば、勉強をするだったら、ノートを開いて1文字でも書けばOK。といった感じ。

 

最初の1週間〜2週間くらいは、お前やる気あんのか?脳内上司にいびられるレベルでめちゃくちゃ目標低く設定してください。

 

で、慣れてきたら、

 

  • 3行書く
  • 1ページ書く
  • 30分勉強する

 

といった感じで、今の自分がギリギリちょっと大変かな、くらいの目標設定をしてください。

 

これで、無事あなたは報酬系の奴隷になることができます\(^o^)/

 

そうなんです、たった1分でも、「勉強する」という目標を決めて、それを毎日達成していると、クソみたいに低い目標であったとしてもそれなりに報酬系が刺激されるんです。

 

よし、やってやったぞ!みたいな。

 

で、1分やってみて、もちょっとできそうならやればいいし、目標は達成しているので、それでやめてもOKです。

 

緊急性を要する場合以外は、これでコツコツと積み上げていくことができます。

 

そもそも、コツコツ続けるとは?

 

  • 塵も積もれば山となる

 

という諺(ことわざ)がありますが、まさに、この言葉の通りです。

 

毎日塵を積もらせていく。
それが、コツコツ続けるということです。

 

忘れないでほしいのですが、腕立て100回は、1×100です。

 

1回を100回積み上げるから、100回になるわけです。

 

勉強を3時間する場合も、1×180です。

 

1分を180回積み上げるから、3時間になります。

 

つまり、そもそもとして、1という塵を積み上げることができなければ、その時点で終了です。

 

1がすべてなんです。
1さえできれば、それでいいんです。

 

ゼロでなければOK。

 

なので目標は、1回とか、1分とかでいいというわけです。

 

コツコツ続けたいあなたへ!まとめ

 

ということで、コツコツ続けたい人は、報酬系を刺激すればOK!というお話でした。

 

その方法として、

 

  1. 自分で目標を設定
  2. それを達成する

 

これが大切なわけですね。

 

逆に言えば、コツコツ続けるの正体は、たったこの二つだけなんです!

 

コツコツ続けるのが苦手な人は、いきなり100とか目指して、その割に毎日0で、何もやっていない状態です。

 

そりゃあ、「コツコツ続けるの向いてないんだよね〜」って、言い訳するしかないわ\(^o^)/

 

いきなり100とか目指すのは、ぶっちゃけ、自分に対する過大評価です。ダニングクルーガー効果ってやつです。

【無能の特徴】ダニングクルーガー効果について

 

言っちゃなんだけど、あなたのレベルは1からです!…と思っていてください。

 

いきなり理想高すぎるのはNG。

 

で、コラッタとかポッポじゃ、ちょっと物足りなくなって来たなー、と思ったら、ヒトカゲでニビジムに挑んで惨敗してください\(^o^)/

 

オススメ

趣味がない人の心理は「何もない」日常が当たり前になっているだけ

何でもかんでも病気のせいにするの、やめない?


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。