サーバーとドメインの契約方法、ワードプレスでサイトを作る

 

まずはサーバーを契約する必要があります。

 

サーバー会社はいろいろありますが、これもエックスサーバー一択。

 

他のクソやっすいサーバー会社でもいいんですが、やはり性能面が心配。

 

本気で収益化を目指しているなら、最初からエックスサーバーにしといた方が絶対いい。

 

プランはX10でいいです。

 

これで、月額1000円くらい。

 

ある日突然ブログが消し飛ぶリスクとか、サーバー激重でアクセス皆無みたいな悩みが、月額1000円でなくなると思うと安い。

 

これが安いと思えないなら、本気でブログやらない方がいい。

 

いや、ブログで稼ごうとか思わない方がいい。

 

ということで、
こちらのリンクからエックスサーバーのサイトまで飛びます。

エックスサーバー

 

そうしたら、画像の右下あたりにある「お申し込みはこちら」というボタンをクリック。

 

 

すると、
こんな画面に飛ぶので、左側の「エックスサーバー会員IDを持っていない」。

「新規お申込み10日間無料お試し」の方を、クリック。

 

 

うわ、なんかめんどくさそうな入力画面出てきたよ。

 

 

とか、
そんなこと思ってないで、サクサクと入力〜。

 

サーバーID(初期ドメイン)は何でもいいです。
できるだけ短めに。

 

(既に誰かが申し込んでいるIDは使えません)

 

プランはX10で充分です。

 

後は個人情報を入力していって、利用規約に同意して、次の画面に進みます。

 

 

「入力内容の確認」が出るので、
間違って入力してしまっているところがないか、よーく確認して、「お申し込みをする」ボタンをクリック。

 

すると、「お申し込み完了」という画面に移ります。

 

そこに、
「メールをお送りしておりますので、ご確認くださいますようお願いいたします」という文章があると思います。

 

登録したメールアドレスに、エックスサーバーからメールが届いているはずなので、確認。

 

もし届いていない!

なんてことがあったら、
メールアドレスの打ち間違えか、迷惑メールに振り分けられている可能性があるので、そちらを確認。

 

で、届いたメールに、「ユーザーアカウント情報」というものがあると思います。

 

  • 会員ID
  • メールアドレス
  • パスワード
  • インフォパネル

 

とあるはずなので、インフォパネルに飛びます。

 

で、会員ID(メールアドレスでも可)と、パスワードを入力。

 

 

「ログイン」を押して、ログイン。

 

この状態だとまだ、10日間のお試し期間に登録しただけなので、本登録する必要があります。

 

ちなみに、
料金を支払っても、10日間の無料サービスは利用できるので、問題ありません。

 

左側のメニューに、
「料金のお支払い/請求書発行」という項目があると思います。そこをクリック。

 

「サーバーご契約一覧」のところに、チェックマークを入れて更新期間を選択します。

 

支払い方法は、エックスサーバーに限らないのですが、基本的にクレジットカード推奨です。

 

理由は今回は話しません。

 

クレジットカードがないという人や、何がオススメか分からない!
という人は、

楽天カード
→エポスカード

とりあえずこの二つ。

 

年会費無料で、エポスカードとかは優待が多い。
カラオケとか行ったら普通に30%オフとかしてくれるという。

 

ちなみに、
クレジットカード作るなら、ハピタス経由で作った方がお得です。

 

いわゆる自己アフィリエイトというやつなんですが、クレジットカード一枚発行するだけで、数千〜数万の報酬がもらえます。

 

ブログの初期費用なんてこれだけでまかなえる。

 

サーバーの期間は、12ヶ月にすると、月額1000円になります。

 

長く契約すればするほど、月額料金が安くなる仕組みです。

 

で、「お支払い方法を選択する」を選択。

 

クレジットだと一瞬ですが、それ以外を選択した場合は、支払いが確認されるまで次に進めません。

 

できるだけ、早めに支払ってしまいましょう。

 

これで、サーバーは完了です。

 

次は、ドメイン。

 

期間にもよりますが、エックスサーバーがドメイン関連のキャンペーンをやっていると、無料でドメインがもらえたりします。

 

その場合は、
右側のメニューにある「プレゼントドメイン」を選択。

 

そこからドメインを一つもらえます。

 

もしキャンペーン中じゃなかったら、右側のメニューにある「追加のお申し込み」を選択。

 

 

はいはい同意同意、
って感じで同意するボタンを押してください。

(そういう感じじゃなくても全然いいよ)

 

すると、このような画面に移ります。

 

 

「ドメイン」→「新規取得」を選択。

 

 

するとこんな画面に。

 

独自ドメイン、って書かれているところに、好きな文字列を入力してみましょう。

 

ここに入力したドメインが、最終的に「http://○○○.com」の、「○○○」の部分になります。

 

ブロガーさんだと、
ブログのタイトルとか、自分の名前+数字とかが多いイメージですね。

 

大事な部分、と思うかもしれませんが、あまり悩みすぎてここで時間を取られ過ぎないように。

 

ちなみに、
右側の「com」とかは、何でもいいです。

 

何でもいいのですが、
特にこだわりがないのなら「com」でいいです。

 

既に誰かが申し込んでいるドメインは、もう申し込めないので、そこは諦めましょう。

 

 

申し込むことができるドメインは、下のような表示になります。

 

 

この独自ドメインは申し込むことが可能です!!

 

と出たら、「申し込む」ボタンを押しましょう。

 

次に、
「お申し込み内容の確認」をクリックします。

 

すると、料金の支払い画面が出てくるので、そこを選択。

 

サーバーを申し込んだ時と同じく、更新期間と、お支払い方法を選択しましょう。

 

支払いが済んだら、インフォパネルに戻って、下の方にいくと「ご契約一覧」のところに、「サーバーパネル」「ログイン」という表示があります。

 

そこをクリック。

 

すると、サーバーパネルにいけます。

 

そこにある、「ドメイン設定」を選択。

 

 

「ドメイン設定の追加」を選択します。

 

 

ドメイン名のところに、先ほど取得したドメイン名を入力しましょう。

 

ちなみに、

  • 無料独自SSLを利用する(推奨)
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)

 

の二つは、両方ともチェックを入れたままで大丈夫です。

 

「ドメイン設定の追加(確認)」を選択。

 

これでドメイン設定は完了です!

 

後は反映されるのを待つだけ。

 

最初は「無効なURLです」とか表示されて、ドキッ、となるかもしれないけど、そのうち反映されるので大丈夫です。

 

経験上、そんなにすぐには反映されないので、気長に待ちましょう。

 

さて、
サーバーとドメインの設定が完了したので、ようやくあなたのブログが手に入る……と言いたいところですが、実はまだちょっと作業があります。

 

めんどくさいですか?めんどくさいですよね。

 

でもブログの継続はこれの10倍難易度高いと思ってください。

 

つまり、
この初期設定は、ブログを継続することの、10分の1のイージーさです。

少なく見積もって。

 

やる気を出してくれたようで何よりです!

 

では、次、
ワードプレスをインストールしてみましょう。

 

すごく簡単です。

 

サーバーパネルの、
「ホームページ」というメニューの中に、「簡単インストール」という項目があります。

 

そこから、
ドメインを選択して、「プログラムのインストール」をクリック。

 

 

するとこんな画面になるので、一番上の「WordPress簡単インストール」というところに移動します。

 

  • スクリプト
  • バージョン
  • インストールURL
  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
  • キャッシュ自動削除
  • データベース

 

必要なところに、情報を入力していきます。

 

「ブログ名」は後で変更できるので、今は適当につけちゃっても大丈夫です。

 

「ユーザー名」は、ワードプレスにログインする時の、ID的なものです。
これも後で変更できます。

「パスワード」も同じです。

 

「キャッシュ自動削除」は「On」で、「データベース」は「自動でデータベースを生成する」でおk。

 

入力が終わったら、「インストール(確認)」というボタンを押します。

 

そうすると、
ワードプレスのログイン画面のURLが表示されるはずなので、そこから、先ほど設定した「ユーザー名」と「パスワード」でログインができます。

 

さっきも言ったけど、多分まだ「無効なURLです」とか「404 Not Found」とかになっちゃってると思うので、こればっかりは待つしかないです。

 

 

無事この画面までいけたら、完了!

 

ようやくあなただけのサイトが手に入りました〜。パチパチ。

 

とはいえ、
まだちょっと設定が必要です。

 

テーマプラグインといったものを、設定しないと、
「ワードプレスを使ってる意味がネェェェ!!!」となってしまうので、次回はその辺について解説します。

 

疲れたでしょ?疲れたよね?

 

お疲れ様でした〜。

 

後もうちょっとだよ!

オススメのテーマと必須プラグイン

 

P.S.
ワードプレスにログインが出来たら、まずはSSL化設定を完了させちゃいましょう。

 

SSL化設定って何?

と言いますと、
自サイトのURLを「http」→「https」にすることです。

 

「http」よりも、「https」の方がセキュリティが強く、情報の漏洩や、盗聴、改ざんなどを防いでくれます。

 

SSL化設定をしていないと、「Webサイトは安全ではありません」と表示されてしまい、サイトの評価が下がってしまうので、必ず設定しておきましょう。

 

まず、
エックスサーバーの「サーバーパネル」にある、「ドメイン」→「SSL設定」を選択します。

 

「独自SSL設定の追加」で、ドメインを選択して、「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェック。

 

  • 国(country)
  • 都道府県(state)
  • 市区町村(local)
  • 組織(org)
  • 部署(unit)

 

という入力項目が出てくるはずなので、基本的には「都道府県」と「市区町村」を変更するだけでOK。

 

(法人の場合は「組織」や「部署」も入力。
 何のこっちゃ?という人は、初期のままで大丈夫)

 

入力が完了したら、「独自SSL設定を追加する(確定)」を押して、完了!
(設定が反映されるまで、数時間ちょっと掛かります)

 

次に、
ワードプレスにログイン。

 

そしたら、右メニューにある「設定」「一般」を選択。

 

そこに、
「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」という項目があると思います。

 

既にURLが設定されていると思いますが、それを、手動で「https」にしてあげればいいだけ。

 

「http」の後に、「s」を入力するだけです。

 

SSL化設定がちゃんと出来ていると、画面上部にあるURLの左側に、鍵マークがつきます。

 

以上。

 

それでは、次にいきましょう。

オススメのテーマと必須プラグイン