他人に合わせるべきか、自分に合わせるべきか

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

いやなんか、

 

  • 自分のために生きろ
  • 他人のために生きろ

 

こういうのって、どっちだよ、思いませんか?

 

自分を見失っちゃいけない、とか、他人に礼節を尽くさないといけない、とか。

 

いやだからどっちだよ。

 

断言するんですが、この世は、自分がすべてです。

 

これは揺らぎません。

 

でもそんな時、あることに気が付きました。

 

スポンサーリンク

なぜ自分か他人かの「二択」なのか?

 

これ本当は二択じゃないんじゃないの?どっちとか考えることが、そもそもナンセンスなんじゃないの?

 

自分のためだけに生きてもダメだし、他人のためだけに生きても、ダメ。

 

つまり、よいバランスを保ちながら、両立しなくてはいけないんじゃないかな、と。

 

他人の中に「自分」はいる

 

そもそも、他人がいないと、「自分」って成り立たないわけです。

 

ぶっちゃけ、自分を構成する8割は、他人だと思います。

 

そう、「私」とは、他人で構成されていたのだ!

 

というね。

 

自分が、もともと持って生まれたものなんて、本当に、少ないんじゃないでしょうか。

 

だから、「自分」について考えた時、自然と、自分を構成する他人の大切さに気付くのではないかなと。

 

スポンサーリンク

自分一人では何もできない

 

人間って、一人だと、びっくりするくらいちっぽけです。

 

どんなにすごい人でも、一人では何も成せません。

 

一人でやったもん!
と、どれだけステキな勘違いをしても、そこには間接的に他人が関わっています。

 

つまり、自分のためだけに生きる、というのは、どう足掻いても成立しないことだと思うんですよね。

 

どっかで行き詰まると思います。

 

仮に、うまくいっているように思えても、結局、自分と同じ思想の人しか周りにいなくて、孤独なんじゃないかな。

 

だからこそ、付き合う相手を選ぶ、ということが、いかに大切かっていうのも、納得がいきますね。

 

自分を軸にするか、他人を軸にするか

 

大事なのは、自分を軸にするか、他人を軸にするか、ではないかな〜と思いました。

 

大まかに4つに分類すると、こんな感じになるわけですね。

 

  1. 自分を軸に、自分のために生きる
  2. 他人を軸に、他人のために生きる
  3. 自分を軸に、他人のために生きる
  4. 他人を軸に、自分のために生きる

 

私は昔、他人を軸にして他人のために生きていた、んですね。

 

まぁうまくいかない。

 

これじゃダメだ〜、と思って、今度は、自分を軸に自分のために生きました。

 

ま〜ぁうまくいっっかない。

 

何でだろう?って、ずっと不思議でした。

 

うまくいく人は、間違いなく自分のために生きているのに、なぜか周りに人がいて、いつも楽しそう。

 

私に魅力がないから?

 

うわ、生まれた時から詰んだ〜〜〜。

 

って。

 

でも、そうじゃなくて、最強なのは、自分を軸に他人のために生きることなんじゃないかな、と思います。

 

そもそも、他人を軸に他人のために生きていると、都合のよい奴になってしまいます。

 

相手から尊重されない。軽んじられる。

 

これは、ぶっちゃけ、どう考えても相手が悪い、のですが。

 

私は、あえて、相手にそういう態度を取らせる、自分側に問題があると思いました。

 

そして、自分を軸に自分のために生きていると、周りを巻き込めないので、結局何も成し遂げることができない。

 

ただの自分勝手なやつになってしまうんですよね。

 

あ、他人を軸に自分のために生きると、悲劇です。

 

そもそも最初から矛盾しているので、偽りだらけの、何が何だか分からないことになってしまいます。

 

そして行き着いた先が、自分を軸に他人のために生きる、という道。

 

他人のためが、自分のため

 

あ〜、なんかキレイなこと言ってるな〜。

 

スレた過去の自分が、すごく抵抗しているんですが。

 

情けは人の為ならず、ってことわざがありますね。

 

もうそういうことなんです。

 

ひたすら自分のために利益を追求するより、目の前にいる誰かのために、何かをできる人が、結果的に大きなことを成せるんじゃないかなと。

 

それもできない人が、裏ワザ的に稼いだり、資本力で自分を飾ったとしても、

 

それってハリボテなんですよ……。

 

「今」はいいかもしれないですけど。

 

だから、結局、他人のためになるんじゃないかな。

 

押し付ける気はないですけど。

 

私の思想としては、こんな感じですね。

 

何でかって、私は、気付いてしまったんですね。

 

あ、ここから先は超個人的な話なので、興味ないって人は、この辺で別記事にでも飛んでください。

お布団がどうしてこんなに気持ちいいのか考えてみた

 

自分のためだけには動けない

 

私は、自分のためだけには動けない人だって、気付いたんですよね。

 

これは、最近です。

 

ずっとぼっちだったので、ツイッターとかで、私に構ってくれる人がいて、初めて、気付きました。

 

他人と関わることで、私はすごいエネルギーを貰う人なんだなって。

 

だから、自分のため、というのが動機だと、どうしても怠けてしまうんです。

 

本質的には自分のことなんてどうでもいいので。

 

なので、私の性質的には、この生き方が一番だな、と。

 

もちろん、自分のためだけにしか生きられない人も、いると思います。

 

逆説的に、必ず。

 

まぁ、そういう人には、口からヘドロが出るくらい気持ち悪い記事だったと思います。

 

わざわざここまで読んでくださって、ありがとうございます。

 

こういう考え方のヤツもいるんだな〜、くらいで、さっさと記憶から消去してしまってください。

 

そろそろまとめます。

 

自分を軸に、他人のために生きる

 

とりあえず、自分がすべて。

 

はい終わり。

 

他人のために生きる、っていうのは、鏡の中の自分をキレイにしてあげるために、現実の自分を整えてあげるかのような、そんなイメージですね(超適当)

 

とりあえず、「自分」は他人の中にいる、ってことを、忘れないでください。

 

後、自分がいかにちっぽけな存在なのかを、思い知ってください。

 

マジで一人じゃ何もできないんじゃ〜!

 

オススメ

私がブログを通して伝えたいこと。クソみたいな人生だった。初心に戻る

やってみないと分からないというのが人類の希望だと思う


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。