子どもの自己肯定感を上げるには?自信を付けさせる大人の接し方

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

私は、子どもの頃から、とにかく自己肯定感が低かったです。

 

なので、反面教師的に、「どうしたら子どもの自己肯定感を上げられるのか?」ということを、理解しているつもりです。

 

断言するのですが、幼少期の周囲の大人たちの接し方は、子どもの自己肯定感に強い影響を与えます。

 

中でも、共に過ごす時間が多いは、その筆頭です。

 

 

さ〜て、親への恨みつらみを書いていくとするか〜!

 

スポンサーリンク

子どもの自己肯定感を上げる①褒める

 

初歩的ですね。
初歩的すぎてすみません。

 

でも、子どもにとって、「親から褒められる」ということは、私たち大人が思っているよりもかなり特別なことなのです。

 

ほら、SNSで「いいね」してもらうために、すごい労力を割いたりする人いるじゃないですか?

 

それと同じ理屈です。
子どもは、親から褒められるために、割と何だって頑張ります。

 

子どもからの、親への無償の愛は、想像以上に深いです。

 

なので、子どもが頑張っていることは、褒めてあげてください。

 

それが例え、親の実益にならなかったとしても。

 

むしろ、仕事増やすなよこのクソガキが(笑顔)となったとしても、結果ではなく、なぜそれをやろうとしたのか?という部分を認めてあげてください。

 

結果だけで子どものやったことを否定してしまうと、自己肯定感が下がるばかりでなく、だんだんと自分から行動を起こさない、消極的な人間になってしまいます。

 

子どもの自己肯定感を上げる②感謝する

 

これ、意外と盲点かなって思って、書きました。

 

褒める、と同じくらいに、子どもの自己肯定感を上げるには、感謝することがめちゃくちゃ大事です。

 

子どもが親のために何かしてくれたら、「ありがとう」ってちゃんと伝えましょう。

 

例えば、お花を摘んで来てくれたとか、家事を手伝ってくれたとか。

 

子どもは、「これしたら喜んでくれるだろうな〜!」って考えて、行動してくれるわけなので。感謝大事です。

 

子どもに感謝できないのは、妻に感謝できないダメ旦那と、同レベルです。

 

私は、「家事をしたらママが助かるかな」と思って、家事を頑張っていた時期がありましたが、次の日には「私一人で家事をしているから疲れる」とぼやき始め、挙げ句の果てに「別にちょっと家事してもらったって、ありがたくも何ともないんだけど〜」と言われ、グレました。

 

まぁグレてはないですが認めてもらえない、という気持ちは強く残りましたね。

 

やったことを認めてもらえない、ってのは、とにかく子どもの自己肯定感を下げまくりすてぃーなです。

 

(↑※こんな子どもに育ったのはガチ

 

スポンサーリンク

子どもの自己肯定感を上げる③スキンシップ

 

日本生まれ日本育ちの私が言うのも何ですが、日本人スキンシップ少なすぎ!Oh My God‼︎

 

子どもの頃は思わなかったのですが、大人になってから、「頭なでなでしてほしい」「ハグしてほしい」「キスしてほしい(額やほっぺに)」という、甘えた自分が抑えきれなくなってきました。

 

(してほしい、よりは、してほしかったの方が、正確かもしれませんが)

 

スキンシップ、マジで大事です。

 

スキンシップなんかで自己肯定感上がるの?と思われるかもしれませんが、上がります。

 

好きな相手とイチャイチャしている時って、自己肯定感上がりません?(※妄想でも可)

 

それと同じです。
子どもは親のことが好きなので、スキンシップしてもらえたら、「自分は愛されてる」という自己肯定を感じられます。

 

 

 

欧米かっ!!

 

というツッコミは受け付けません。(このネタがやりたかっただけなんて言えなry

 

子どもの自己肯定感を上げる④やりたいことをやらせる

 

子どもが、「あれやりたい!」「これやりたい!」って言った時、素直にやらせてあげましょう。

 

私たちは大人なので、「それは失敗するんじゃないかな〜」ということが、何となく分かります。

 

失敗するって分かりきっているのに、あえてやらせるなんて、馬鹿馬鹿しいですよね。

 

でも馬鹿になってください。

 

「やりたい!」と言ったことをやらせてあげないと、子どもの自己肯定感は下がります。

 

私は長らく、「やりたいことが分からない」という典型的ゆとりみたいな考えでいましたが、思い返してみれば、子どもの頃は「やりたい!」と思っていたことがたくさんあったんです。

 

でも、それを言う度に、なぜかデメリットばかり指摘されました。

 

例えば、「大変だよ〜」「そんな甘くないよ〜」「それやって、こうなった人がいるらしいよ」「ホントにそんなのできるの〜?」

 

うざい。うざいの極みである\(^o^)/

 

ぶっちゃけ私は、「いいじゃん!」「やってみなよ」「応援するよ」「頑張れ!」と言ってほしかったわけです。

 

ネガティブなことばかり教えられると、自信を喪失してしまい、やる前から何も挑戦できなくなってしまいます。

 

あまつさえ、あなたのため私の言うことが正しい、なんて主張をされた日には、もう敗北です。圧倒的敗北。

 

自分自身が否定された気になって、自己肯定感ダダ下がり……。

 

なので、子どもが「やりたい!」と言ったことは、まずやらせてみましょう。

 

結果が分かりきっていても、大人の都合で「それはやってほしくないな〜」ということでも、まずやらせてあげる。

 

もちろん、犯罪とか、命の危険に繋がることは、全力で止めてやってくださいね!

 

子どもの自己肯定感を上げる⑤存在を尊重する

 

子どもって、「おぎゃー!」って生まれた時点で、自分からは完全に独立した個体なので。

 

やっぱり、一人の人間として存在を尊重してあげることが、大切だと思います。

 

一番ダメなのは、子どもをコントロールしようとすること、ですね。

 

例えば、「勉強しなさい」とか、「ゲームは1時間まで」とか。

 

実は、こんな些細な言葉であっても、子どもの自己肯定感は下がってしまいます。

 

子どもは素直なので、「勉強したくないのに、どうして勉強しなくちゃいけないの?」と不満に思ってしまうわけです。

 

なので、子どもに勉強させたい!という場合は、子どもが勉強に興味を持つように、うまく誘導してあげるのが大人の役割です。

 

選択肢を与える。
けど、決定権は、子どもに持たせる。

 

そんなイメージですね。

 

対等な人間として認めてあげる、というだけです。

 

子どもの自己肯定感を上げるには?まとめ

 

子どもの自己肯定感を上げる上で、大切なのは、

 

  1. 褒める
  2. 感謝する
  3. スキンシップする
  4. やりたいことをやらせる
  5. 存在を尊重する

 

この5つです。

 

もうちょっと抽象的に言うなら、

 

  • 認める
  • 肯定する
  • そのまま受け入れる

 

といった感じかと。

 

自分が子どもの時にしてほしかったことをしてあげたり、あるいは、してほしくなかったことを、反面教師にしたり。

 

結局、今回書いたことも、一人の人間の一意見に過ぎないので。

 

自分に合った子育てを、ですね!

 

ではでは、実際に自己肯定感低い子どもだった私の、盛大な愚痴にお付き合いいただきまして、ありがとうございました〜。


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。