声が小さい原因と3つの改善法

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

私は昔から声が小さく、あらゆる場面で損をしてきました。

 

人見知りを治そう!と思って、
勇気を出して話しかけても、相手に「…?」という顔をされてしまい、
気まずい雰囲気になってしまったり、

 

バイト先で、
挨拶をしているのに、「何で挨拶しないの?」と怒られてしまったり、

 

叫ぶように「いらっしゃいませ!」と言っても「聞こえない!」と注意されて、
お客さんからは「あの店員さん暗いね」などと言われてしまったり……。

 

本当はみんなと楽しく会話がしたいのに、
声が小さいことが原因で、飲み会が憂鬱だという人もいると思います。

 

実は、声が小さいというのは、できるだけ早く改善した方がよいです。

 

なぜなら、人は第一に「視覚」、そして、次に「聴覚」で人を判断するからです。

 

信じられないかもしれませんが、
声が小さいというだけで、相手をイライラさせてしまったり、
まともなことを言っても相手にされなかったり、仕事で評価されづらくなってしまったりします。
本当にそういうことが起こります。

 

身をもって辛い体験をして来た私だからこそ、
声が小さいというのは治すべきだし、治すことができると断言できます。

 

そのためには、まず、自分の声が小さい「原因」を知る必要があります。

 

声が小さい原因には、

  • 心理的
  • 身体的

この2つがあります。

 

原因によって対処法は変わって来ますので、
自分がどちらに当てはまるのかをチェックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

声が小さい心理的な原因

 

自信がない

自分の発言に自信がないと、自然と声が小さくなります。

相手からも信用されなくなってしまうので、できるだけ自信があるように振る舞いたいところです。

 

目立ちたくない

内気な人に多いのですが、
大きな声で喋ることで、周囲から注目されるのではないか?と思っています。

実際、他人は人のことなんてそんなに気にかけていないし、
注目されて困るということは意外と少ない、ということを理解すれば、心理的抵抗が減るかもしれません。

 

緊張している

外見の怖い人や、目上の人と話す時などに、緊張しやすいです。

緊張すると呼吸が浅くなるため、
声が小さくなります。

 

嫌われたくない

自意識過剰な人に多いです。

実際、声が大きくて嫌われる可能性より、声が小さくて嫌われる可能性の方が高いので、
気にしないのが一番です。

 

恥をかきたくない

恥ずかしがり屋であったり、想像力が悪い方に豊かだと、
このような心理に陥りがちです。

 

トラウマ

過去に大きな声でしゃべって失敗をした経験、
もしくは、声が小さいことで失敗をした経験があり、
そのせいで余計に大きな声で喋れなくなっているパターンです。

過去は過去、と割り切ってしまうのが一番です。

 

全体的に、内向的な人が当てはまりやすいのではないでしょうか。

ちなみに、私は全て当てはまっていました。

なので、2、3個当てはまったくらいで、落ち込まないように!

 

 

 

 

声が小さい身体的な原因

 

姿勢が悪い

姿勢が悪いとうつむきがちになったり、
呼吸が上手くできなかったりします。

下を向いてしゃべっても、前にいる人には聞こえにくいし、
正しい呼吸ができないと、小さい声になってしまいます。

 

滑舌が悪い

口の中でごにょごにょ、としたしゃべりをしていると、
相手に伝わりにくいし、声もこもってしまいます。

ハッキリ発音するというのを意識するといいです。

 

腹式呼吸ができていない

よく、「腹から声を出せ!」と言いますが、
腹から声を出すには、この腹式呼吸が必須です。

 

肺活量が少ない

声を出す時、必ず息も一緒に吐き出しますが、
そもそも吸った息の量が少ないと、その分しか吐き出せません。

そして、吐き出す息の量が少ないと、声が小さくなってしまいます。

 

声帯が閉じていない

私たちが喋る時には、声帯が閉じています。
声帯が閉じる力が強いと強いほど、通る声になるようです。

 

共鳴ができていない

鼻腔共鳴というものがあります。

これは、鼻の奥にある空間に声を響かせる、というものです。

声を響かせるので、大きな声を出さなくても通る声を手に入れることができます。

 

 

 

スポンサーリンク

小さい声の改善方法!

 

自分の声を録音してみる

 

まずは自分の声を録音してみましょう。

実際に私もやってみたんですが……
え?私の声ってこんなん?

 

あはは、うそだー。

 

と思ったんですが、
録音された声の方が本当の声に近いらしいです。

 

どんなに微妙な声でも、受け入れましょう。

 

そして、その音声は保存しておいてください。

 

消したくなる気持ちは分かるのですが、
聞き返すことによって「このままじゃマズイ」という危機感を抱くことができますし、
本当に改善されているのかが分かりやすくなります。

 

 

背筋を伸ばす

 

まずは、背筋を伸ばしましょう。
すると、自然と顔が前を向きます。

姿勢が悪いと下を向きがちになり、
下を向きながら喋ると、当然ながら声が通りにくくなります。

 

 

腹式呼吸をする

 

お腹に手を当てて、息を吸ってみてください。

 

お腹が膨らんだ!
という方は、腹式呼吸ができています。

 

だけど、もし息を吸った時に肩が動いた、という場合は、
胸式呼吸になっています。

 

腹式呼吸ができるまで練習しましょう。

 

ちなみに、仰向けになって息を吸うと、自然と腹式呼吸になります。

感覚が全くつかめない!という方は、まず仰向けの状態で、
腹式呼吸がどんなものなのか理解するとよいです。

 

 

○○に行く

 

ここからは、私が実際にやったことを説明していきます。

 

私の場合、とにかく居酒屋などで声が通らない、という特徴があったため、
まずは雑音のある環境を作る必要がありました。

 

そこで最適なのが、カラオケです。

 

カラオケに行って思い切り歌を歌う……
のではなく、音楽を流して、歌わずに、しゃべります。

 

音楽が居酒屋でいう「ザワザワ…」の役割をしてくれるわけです。

 

後は、どうすれば一番声が通るのか?
を、録音をしながら検証していきます。

 

私が試したのは、

  • 鼻に響かせる
  • あくびをする感じで喉を開いてみる
  • とにかく腹式呼吸を意識する
  • 腹筋に力を入れてみる
  • 頭のてっぺんから声が出てるイメージをする
  • 思い切り歌ってみる
  • 高い声を出してみる
  • 鼻に響かせ+喉開き+腹式呼吸など、足し算してみる

などなど……。

 

多分なんですが、人によって効果は変わってくると思います。

 

で、録音したらちゃんと聞いてくださいね。

 

自分の声全然聞こえねー!!

 

ってなると思いますが、数をこなせば大丈夫です。

 

 

さて……
カラオケから帰って来たら、最初に録音した音声と聞き比べてみましょう。

 

多分……少しは変わってるはず!

 

ただ、一つ覚えておいてほしいのは、
一日ではそんなに変わらない、ということです。

 

一時的に大きな声を出せても、
いざ目の前に人がいるとなると、声が小さくなってしまったり、

意識をしないでいると元に戻ってしまったりします。

 

今まで小さい声で過ごして来た時間の方が長いので、
たった数時間大きな声で話せても、気付いたら小さい声に戻っている、というのは、当たり前なことなんです。

 

こればっかりは、根気強く訓練し続けるしかありません。

 

だけど、声が大きくなると、人生変わります。
ほんとです。

 

それだけ、声の大きさって大事なんです。

 

自分から積極的に人に話しかけられるようになるし、
飲み会などが楽しくなります。

 

自信があるように見えるし、信頼されやすくもなります。

 

声の小ささを改善するメリットは、大きいです。

 

 

後は……
病気などが原因で声が小さい人もいるようです。

そういう方は、耳鼻咽喉科で診察をしてもらう必要があるそうです。

 

 

最後に、

  • 姿勢を正す
  • 腹式呼吸をする
  • 長期的に訓練する

これが、小さい声を改善する3つの方法です!

 

特に「長期的に訓練する」というのが大切です。
筋トレと一緒です。続けないと意味がありません。戻ります。

 

 

↓コチラでいろいろ役に立つブログを探すことができます!


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です