断言するけど、親は他人である。親にとって子供も他人である

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

親との関係が、あまり、良好ではない人。

 

世間の、
家族を大切にするのは、美徳。

 

みたいな価値観に、吐き気を催していませんか?

 

でも、
正直言って、親は、ただの他人です。

 

そこに特別な感情を持たなければ、ただの、他人です。

 

スポンサーリンク

親に理想を求めるな

 

親とはいえ、
ただの人間であることに、代わりはないので。

 

あまり、理想を求めすぎない方が、いいです。

 

私自身、
めちゃ親に理想を求めていた時期があって。

 

親って、普通はこうだよね?
みたいな。

 

でも親からしたら、
「そんなの知らんわ」って感じなんです。

 

魔法の言葉「うちはうち〜、よそはよそ〜」

 

他人に期待し過ぎない方が、いいですよ。
親であっても。

 

どんなに近しい関係の相手でも、
絶対に、他人をコントロールすることは、できないので。

 

理想の母親像、とか、父親像、とか。

 

そういうのダメ\(^o^)/

 

こっちが大人になってあげないと。

 

親が合わない人かもしれない

 

他人同士だと、
合う人、合わない人、っていますよね。

 

たまたま親が合わない人の可能性って、あります。

 

え、マジでありますよ。
血が繋がってるからって、無条件で、仲よしこよしにはなれません。

 

親だからって、
仲よくなれると、思ってませんか?

 

出会う人、
全員と仲良くなることって、無理じゃないですか。

 

それと一緒です。
確率的には、親と仲良くなれない可能性も、ぜんぜんあります\(^o^)/

 

だから、
「親だから」とか、関係ないんです。

 

「親だろうが」です。

 

スポンサーリンク

距離感が大切である

 

親が合わない人だった場合、距離感が大切です。

 

私は、これを誤り続けて、
10数年間、爆死し続けてきました\(^o^)/

 

近けりゃいいってもんじゃ、ないんですよね。
ちょっと距離置くくらいが、ちょうどよかったりします。

 

私がこれに気付いたのは、部屋に引きこもり始めてからですね。

 

今まで、
ずーっと、リビングで一緒に過ごしていたり。

 

それがなくなってから、
あっれ?うまくいってる?みたいな。

 

だから、
あえて、親とちょっと距離を取ってみると、いいかもしれません。

 

具体的に言うと、
あまり、同じ空間を共有しないようにする、って感じですね。

 

親にとっても、自分は他人

 

なんか、
子供って、健気じゃないですか。

 

生まれた時から、子供が嫌いな親がいても。
生まれた時から、親を嫌いな子供って、いないですよね。

 

だから、
親から理想を求められた時、無意識で、それに応えようとしてしまうんですけど。

 

他人同士なので。

 

親に、
あなたをコントロールすることは、できません。

 

親の理想には、応えられません。
永遠に。

 

なので、
好き勝手生きましょう\(^o^)/

 

求めたり、求められたり。
そういう関係って、つらいだけじゃないですか。

 

親子関係も、ウィンウィンじゃないとな〜。

 

親に尽くして、
いい子ちゃんな自分に満足したい気持ちは、分かるんですよ?

 

でも、
それで自分が消耗してたら、しょうもないじゃないですか。

 

消耗だけに…(小声)

 

だから、
親を自分に依存させたら、ダメです。

 

親より大切なのは、自分

 

こんなこと断言するのは、
冷たい人だな、って思われるかもしれないんですけど。

 

親より大切なのは、自分です。

 

自分が大切なのは揺るがないので、あなたを大切にしてくれない親とは、関わりを薄くした方がいいです。

 

「親」という言葉に、縛られないでください。

 

他人です。
ただの他人。

 

おぎゃー!
って生まれた時点で、親からは、完全に独立しています。

 

アメリカ合衆国も驚きの独立感。

 

あなたより大切なものは、この世にないのです。

 

マジです。
あなたって、めちゃくちゃ大切なんですよ。

 

苦しいことに、美徳はない

 

  1. 理想を求めない
  2. 適度な距離を保つ
  3. 自分に依存させない
  4. 親は他人である
  5. 自分を大切にする

 

親との関係がつらい人は、
このへんを、意識してみてください。

 

私が、
本当にびっくりしたのは、親と距離を取ったこと、ですね。

 

なんか、
親と距離を取る、という発想が、あまりなくて。

 

でも、
そしたら、びっくりするくらいラクになって。

 

親と仲よくしなくてもいいんだ、って、ハッと気付きました。

 

親と仲良しこよしが美徳とか、そんなん、幻想ですから。

 

世の中には、
びっくりするくらい、いろんな親がいるわけで\(^o^)/

 

「自分の親」を、ちゃんと見てあげてください。
一人の人間を。

 

「親」っていう、
全体的なイメージに、とらわれないように。

 

オススメ

私は笑うのが苦手だった

失った時間は取り戻せない。過去に生きるな


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。