自分が大嫌いで生き辛いけど、誰からも理解してもらえない

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

自分が大嫌い。

 

どうしてもそう思っちゃう時ってあります。

 

大嫌いな自分すら大嫌いで、
何とか自分を好きになれるよう、頑張ってみたりもしますが、

 

好きになれないものは、好きになれない。

 

自分の持っていないものを、
当たり前のように持っている人たちが、憎いなぁと思えてしまったり。

 

でも、
自分を大嫌いなのって、決してあなたが悪いわけじゃないです。

 

その理由を書いていきます。

 

スポンサーリンク

自分嫌い①幼少期の記憶

 

幼少期に、
実はつらい体験をしているのかも、しれません。

 

しかも厄介なのが、
案外本人は覚えていなかったりします。

 

なので、
普段は思い出せず、そこに原因があるなんて思いません。

 

ですが、
あなたが思い出せなくても、とかがちゃんと記憶しています。

 

それによって、
どうしても自分が大嫌いだと、思わざるを得ないのかもしれません。

 

一度じっくり、過去の記憶を振り返ってみると、いいでしょう。

 

黒歴史とかいろいろ出てきて、居たたまれないかもしれないけど。

 

自分嫌い②学校教育の問題

 

私たちは、
9年間の義務教育を受ける必要があります。

 

その義務教育がクソ。

 

本来の自分というものを尊重してもらえず、
大人にとって都合の良い子供が、評価される世界です。

 

そして、
そういう教育を受けた子供が、大人になって、また自分の子供に同じ教育をしていく……。

 

という、負の連鎖。

 

しかも、
義務教育に、高校を含めると、

 

なんと12年。

 

12年って、結構な年月です。

 

影響を受けないわけがありません。

 

今から12年後に自分が何歳になっているか?
と考えると、

 

ヤベェよ……。

 

って、なると思います。

 

問題なのは、
良い子すぎても、落ちこぼれても、

 

どちらも等しく本当の自分を認めてもらえない、というところで、苦しむハメになるということです。

 

素で優等生な人以外は、詰んでる\(^o^)/

 

スポンサーリンク

自分嫌い③自分ではない自分を演じている

 

周りからの圧力によって、
本来の自分を出せないパターンです。

 

本心とは違うことを言ってしまったり、
したくないことをしてしまったり。

 

そして、
演じている自分と、本当の自分との間にギャップが出来ていき、それに苦しむことになります。

 

何せ、周りの人たちは、
演じている自分のことを、本当のあなただと思っているので。

 

本当の自分をちょっと出しただけで、
「えっ」て反応されたり、引かれたり、幻滅されたり……。

 

演じ続けるしかなくなるけど、
周りにどれだけ好かれても、評価されても、

 

周りが見ているのは、演じている自分のことだけ……。

 

本当のあなたなんて、
誰も知らないし、知ろうともしない。

 

そしてどんどん、自分のことが大嫌いになっていってしまう。

 

この場合、
一人でも、本当にたった一人でも、誰か本当の自分を受け入れてくれる人がいれば、楽になれるんですよね。

 

自分嫌い④理想が高い

 

完璧主義に近いものがあります。

 

こういう自分じゃないとダメだ。
こうじゃない自分なんて、受け入れられない!

 

と、つよい強迫観念を抱いています。

 

頭の中に理想の自分がいて、
でも現実は全然違うもんだから、そのギャップに苦しんでしまうんですよね。

 

で、
自分が持っていないものを持っている人がいたら、
強烈に嫉妬してしまい、よけい自己嫌悪に陥る。

 

これは本当に、
ありのままの自分を受け入れるか、

 

あるいは、その理想に自分を近付けることでしか、解消されません。

 

自分に対する、コンプレックスのようなものなので。

 

他には、
自分のこだわっている部分を、変更するか、ですね。

 

例えば、私の場合は、
明るい性格になりたい!とずっと思っていたのですが、

 

明るい性格になるのは諦めて、
引きこもりでゲーム好きでネガティブな自分でいいや、と諦めた認めてあげました。

 

で、
明るい性格になるのではなく、
いかにゲームを楽しむか?ということを考え始めたんです。

 

そういう風に、
理想の自分をずらす、という手も、アリといえばアリです。

 

自分嫌い⑤ネガティブ思考が癖になっている

 

ネガティブ思考が癖になっていると、
自分の嫌いなところばかりが、目に付いてしまいます。

 

しかも、無意識的な場合が多いです。

 

ネガティブ思考は、
周りの人間もどんどんネガティブにしていってしまうので、

 

周りから、
強く当たられたり、大切にされていないと感じて、

 

余計に、
ネガティブ思考に陥り、自分が大嫌いになってしまう。

 

という悪循環が、出来上がりがちです。

 

なので、自覚がある場合は、
できるだけ、無理やりにでも、ポジティブ思考を心掛けた方がいいです。

 

ネガティブな人がポジティブに触れると、
余計心が荒むのは、経験上分かっているのですが、それでも敢えてレッツ・ポジティブ!と言っておきます。

 

ネガティブはハマり込んでしまうと、毒なので。

 

自分嫌い⑥他人と比較している

 

他人と比較してしまい、自己嫌悪に陥ります。

 

こうなるともう、
自分の持っていないものばかりに目がいってしまい、

 

隣の芝生は永遠に青い、なんてことになってしまいます。

 

こういう時は、
ナンバーワンより、オンリーワンってやつですね。

 

その人には持っていないものを、あなたは持っているわけなので。

 

他人と比較すると、
本当にキリがなくて、上にはいくらでも上がいます。

 

自分が嫌い⑦被害者というアイデンティティ

 

悲劇のヒロイン(ヒーロー)であることで、
自身のアイデンティティを保とうとしているパターンです。

 

自分を大嫌い、と思いつつ、
何だかんだで、大嫌いな自分をやめられません。

 

大嫌いな自分に依存してしまっているのです。

 

特に現代は、
被害者側が強い傾向にあるので、

 

被害者という立場は、メリットにもなり得てしまいます。

 

つまり、
自分で大嫌いな自分に依存しているのに、
そんな自分が大嫌いでたまらないという、

 

だいぶ複雑な状態になってしまっています。

 

ですが、
現実は、悲劇のヒロインでいる以上、永遠に救われません。

 

だって、
悲劇のヒロインなんだもん。

 

この矛盾をなくすためには、
自分は被害者であるという、他人に依存した考え方を、少しずつ変えていくしかありません。

 

誰かを悪者にして、
アイデンティティを保っていても、心の隙間は埋められないからね…。

 

自分が大嫌いまとめ

 

自分が大嫌いな原因は、
主に以下の7つと考えられます。

 

  • 幼少期の記憶
  • 学校教育
  • 自分ではない自分を演じる
  • 理想が高い
  • ネガティブ思考
  • 他人との比較
  • 悲劇のヒロイン

 

これを見ると、
どうしても周りの環境に原因があることが、分かると思います。

 

そして、
そうやって植え付けられていったものが、
偽りの自分となり、苦しむ。

 

環境の影響は強い、ですが、
今からでも、少しずつでも変わっていくことは可能です。

 

原因を突き止めて、
できるだけ早く、大嫌いな自分から脱却しましょう。

 

じゃないと、
マジで人生つらすぎます。

 

オススメ

我慢するのやめませんか?ストレス発散法3つと原因について

ゲームをやりながらお金を稼ぐ方法。ガチゲーマーが教える


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。