挨拶が苦手で、仕事の人間関係がうまくいかない。解決法3選

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

挨拶ができないと、
それだけで人間関係・終了しますよね。

 

悪気はない。

 

ぜんぜんないけど、苦手なんだ!

 

挨拶という文化廃れろ。

 

そんな人のために、
ガチ・挨拶できなかった派の私が、

 

挨拶苦手な原因と、
解決策をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

挨拶苦手①自分から話し掛けられない

 

挨拶、というか、
まず話し掛けるのが無理。はい終了。

 

話し掛けられない。

 

話し掛けるタイミングが分からない。

 

分からな過ぎて、
敢えて目を逸らしながら、スルーしてしまう。

 

圧倒的、悪印象。

 

感じが悪いことは分かってる。
分かってるけど無理。なんか無理。

 

悪気はない。全然ない。
でも無理。

 

そしてだんだんと、
挨拶できない人レッテルを貼られていき、

 

頑張って挨拶をしたら、

 

え?今挨拶したの?と、
挨拶をしたという事実を数秒は受け入れてもらえないという、気まずい空気に。

 

あ、やっぱ挨拶しない方がよかったかな?

 

そしてどんどん、
挨拶がめんどくさくなっていき、挨拶アンチの道を辿ってゆく…。

 

挨拶苦手②声が小さくてスルーされる

 

ちゃんと挨拶しているのに、
声が小さくて相手に気付いてもらえない。

 

挨拶してるのに、
挨拶してないことになってるのがつらい。

 

ってか挨拶してるのに、
してないことになるくらいなら、最初からしない方が良くね?

 

声を出す労力がもったいないよね?

 

こうして挨拶しない状態がデフォルトに……。

 

(余談ですが、私の場合は場面かん黙症という症状のせいで、挨拶できませんでした)

 

聞こえていなかったにせよ、
二回目の挨拶って、異様にしづらいですよね。

 

というか、聞こえてないのか?
悪意があってスルーされてるのか?

 

どっちにせよ居た堪れないので、
やっぱり挨拶しないでおこう、という結論に至る人は、多いと思います。たぶん。

 

スポンサーリンク

挨拶苦手③とにかく人間関係が悪くなる

 

挨拶しないだけで、
ここまでか?ってくらい、人間関係が悪くなります。

 

別に周りに喧嘩売りたいわけじゃなく、
ただただ挨拶が苦手というだけだから、勘弁してほしい……。

 

と言っても、
残念ながら世間には通用しないので、

 

ここからは、
挨拶苦手問題を解決する方法を、書いていきます。

 

解決法①目を合わせて会釈をする

 

職場の雰囲気にも寄りますが、
目を合わせて会釈するだけで、だいぶ印象は変わります。

 

目を合わせる、というのが
苦手な人もいるかもしれませんが、

 

でもでもネクタイでも、
何となく、そっちの方を見てぺこりと頭を下げれば大丈夫です。

 

  • 心の狭い人
  • 体育系の職場

 

この辺りは無事死亡。

 

解決法②誰に挨拶してるか分からせる

 

返事を返してもらえない、
という人は、あなたに挨拶してますよ感が弱い場合があります。

 

相手に悪意がある場合は論外。

 

そうじゃない場合は、
できるだけ相手の方を見て挨拶をすることを心掛けたらいいです。

 

アイコンタクトって、
思ったより大事です。

 

人間って、
「自分が注目されてる!」って思うと、つい反応してしまいます。

 

でも、
「こいつ誰に挨拶してるんだろ?」って思ってしまうと、

 

自分じゃなくてもいいか、勘違いだったら嫌だしな、という心理状態に陥って、
スルーするという無難な選択に出ます。

 

なので、
お前に言ってんだよ!
ということを、分からせる必要があるわけです。

 

ちなみに悪意がある相手には、
「〇〇さん、おはようございます」と、名指しで挨拶するとよしです。

 

周りにも聞こえるように、できるだけ大きな声で。

 

すると、
無視した相手が悪い、ということを、
周りの人間に分からせることができます。

 

え?性格悪い?
どう考えても挨拶無視してくる人間の方が悪いです。

 

番外編:会話してる人に、挨拶していいの?

 

していいです。

 

容赦なく会話をぶった切って挨拶しましょう。

 

タイミングとか計らなくていいです。
あえて空気読まずに挨拶します。

 

  1. 挨拶しない
  2. 会話をぶった切って挨拶する

 

だと、
圧倒的に前者の方が印象が悪いです。

 

「会話ぶった切ってまで挨拶してくんなよ!空気読めよ!」

 

という人は、
滅多にいません。

 

いたらそいつは宇宙人なので、気にしなくていいです。

 

解決法③というか、ぶっちゃけ挨拶しなくてよくね?

 

「挨拶は人として常識」とか言うけど、

 

その人が挨拶が常識って環境で育ってきただけで、
挨拶が常識じゃないって環境で育ってきた人も普通にいるわけで。

 

何で挨拶したくない人が、
挨拶してほしい人に合わせなくちゃいけないの?

 

そっちが合わせろよ?
挨拶ニガテな人に挨拶強要すんなよ?

 

挨拶されなかったくらいで、
メンツとかプライドが崩れるような、そんな脆弱なアイディンティティしか保てない側に、問題があるから。

 

お前が挨拶されない程度の人間なのが、悪いわけで、

 

その責任を常識とかホラ吹いて人に押し付けてくんな?分かったか?

 

ということで、
開き直って挨拶をしないという選択肢もアリです。

 

(ただし縦社会とかいう異常空間では通用しない模様)

 

挨拶苦手な人は結構多い

 

ブラックな開き直り方をして、大変申し訳ありません。

 

挨拶をしないと、
確かに人間関係に支障をきたすことも、あります。

 

ですが、
挨拶をすることに強迫観念を抱く必要は、ないです。

 

自分のできる範囲で、
相手に礼節を持って接すればいいんじゃないかと。

 

具体的には、

 

  • 会釈をする
  • 相手の目を見る
  • 名前を呼ぶ

 

こういった工夫をしつつ、
日頃の行いで悪気はないということを、分かってもらう、って感じですね。

 

挨拶しない環境で育った場合、
挨拶が習慣付いていないので、難しいんですよね。

 

挨拶しようと思えば思うほど、キョドッてしまいます。

 

なので、
挨拶しようしようと、思い過ぎないようにしましょう。

 

オススメ

ゲームをやりながらお金を稼ぐ方法。ガチゲーマーが教える

バイトがうまくいかない時の解決策と原因


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。