コミュニケーションが苦手で、職場で孤立して詰んでる

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

コミュニケーションが苦手だと、職場に居づらかったりしますよね。

 

あなたの方がまともに仕事しているのに、
コミュニケーション上手くて、ヘラヘラしてる人の方が、

 

上司から気に入られてて、正当に評価されなかったり。

 

ただ、
コミュニケーションにはコツがあります。

 

それさえ押さえれば、OKです。

 

スポンサーリンク

コミュニケーション苦手で居心地が悪い

 

コミュニケーションが苦手だと、とにかく居心地が悪いです。

 

周りが盛り上がってる中、
自分だけポツンと孤立している。

 

別にハブられているわけではないのが、タチが悪い。

 

たまに誰かが話を振ってくれて、
頑張って答えるけど、だいたい一言で終了。

 

自分のコミュ力のなさを思い知って、絶望する\(^o^)/

 

知らない飲み会の話で盛り上がるのやめろ。

 

それから…、
いや、もうやめときます。

 

とにかく、
コミュニケーション苦手だとマジでつらい。

 

仕事さえこなしてればいい、のか?

 

よく、
コミュニケーション苦手でも、
ちゃんと仕事さえこなしてればいい、という意見があります。

 

ほんとか?

 

そんなこと言って、
ほんとは心の中では、「ぼっち乙」とかバカにしてるんじゃないのか!?

 

結論から言うと、
仕事ができればOKです。

 

これは事実です。

 

世の中、思ってるよりも実力主義です。

 

コミュニケーションでフォローして誤魔化せるのは、無能までで、

 

まともな人なら、
コミュニケーション能力よりも、圧倒的に仕事できるかどうかが重要です。

 

つまり、
根本的には、コミュニケーションが苦手なのが問題なのではなく、

 

コミュニケーションが苦手なことによって、
仕事ができていないから、職場に居場所がない可能性が高いです。

 

つらい現実……でも、受け入れようぜ。

 

スポンサーリンク

コミュニケーション苦手な人は、まずこれ

 

最低限、必要なことをまとめます。

 

  1. 挨拶
  2. 返事
  3. 報連相

 

この3つができていれば、
だいたい仕事に支障は出ません。

 

逆に言うと、
この3つができていない、ということは、

 

コミュニケーションが苦手以前に、
仕事できてないです。マジで。

 

納得できないかもしれませんが、
愛想が良くないから、職場に居づらいのではなく、

 

仕事ができてないから、職場に居づらいんです。

 

実際、
コミュニケーションが上手でも、
サボってばかりで仕事ができていない人は、

 

表面上は上手くやっているようで、
裏ではシビアに評価されていたりします。
(実体験です)

 

何度も何度も、
仕事できてない、って言いまくって、大変申し訳ないですが、

 

あなたの能力に問題があるのではなく、
ちょっとした工夫で、どうにかなるレベルの話なので、そんなに気にしないでください。

 

では、
もうちょっと具体的に解説していきます。

 

コミュニケーションの基本①挨拶

 

挨拶は、

 

「おはようございます」
「お疲れ様です」

 

という、
ただの音ではありません。

 

間接的な、
相手の存在の尊重です。

後、普通に、
挨拶せずに帰ったりすると、

 

いるのかいないのか、分からないんですよね。

 

何かあった時に、
まず、あなたがいるのかいないのか、から始まるので、

 

手間なんです。
仕事一つ増やしてます。

 

そういうのが積み重なると、
まぁ、職場に居づらくなると思います。

 

なので、
自分のためと思って、挨拶はちゃんとするようにしましょう。

 

コミュニケーションの基本②返事

 

これも純粋にですね、
返事がないと、分からない。

 

分かったのか、
分かってないのか。

 

聞こえてるのか、
聞こえてないのか、分からない!

 

単純にですね、
返事をしないことによって、相手に確認させる手間を増やしてしまっています。

 

しかも、
もし仮に分かっていない状態で仕事が進行してしまったら……

 

後になって、
重大な支障が出て来るかもしれないですよね。

 

それはヤバイです。

 

コミュニケーション苦手とかよりも、はるかにヤバイです。

 

なので、返事はしましょう。

 

だいたい、
「はい」「わかりました」など、

 

短い言葉を発するだけでいいので、
めんどくさがらずに、ちゃんと返事しようね。

 

コミュニケーションの基本③報連相

 

ホウレンソウ。

 

いわゆる、

 

  1. 報告
  2. 連絡
  3. 相談

 

って、やつです。

 

受け身な上司が相手だと、
いちいち報・連・相していいのかな……?

 

と、
こっちが気遣うハメになりますが、

 

まぁ、
注意されたとかでもない限り、しておいた方が無難です。

 

というか、
注意されたとしても、できるだけしておいた方がいいです。

 

何かあった時の証拠にもなるので。

 

コミュニケーションが苦手だと、
どうしてもこの報連相ができなかったりしますが、

 

仕事だと思って、淡々とこなしましょう。

 

コミュニケーション苦手なのを克服

 

さて、
最低限をこなしたところで。

 

いわゆる、
雑談的な、そういったコミュニケーションの攻略法をお教えします。

 

大事なのは、以下の3つです。

 

  1. 挨拶
  2. 相槌
  3. 質問

 

なんか似てますね…。

 

そうなんです、
コミュニケーションって、ある程度パターンゲーみたいなとこあります。

 

コミュニケーション攻略法

 

まず、「挨拶」。

 

これは、
相手の存在の尊重である、と言いましたが、

 

単純に、
会話のきっかけとしても、良いです。

 

挨拶って、便利なんです。

 

便利なものは使い倒しましょう。

 

そして次、「相槌」。

 

もう一度言います。相槌。
もう一度言います。相槌。

 

コミュニケーションの8割は、相槌で攻略できます。

 

とにかく、
コミュニケーション苦手な人は、

 

相槌のバリエーションを増やすところから始めたら、いいです。

 

「へえ」「うんうん」「なるほど」「えー」「そうなんですか?」「わ〜」「そうだよね」「はいはい」「それで?」

 

はっきり言います。

 

相槌を制すものが、会話を制する。

 

てへ。なんか名言っぽいこと言いたくなったので、言ってみました。

 

相手のくだらないギャグに笑ってあげる、とかも、相槌の一種です。

 

最後、質問。

 

相槌だけできても詰みます。

 

いや、
詰むどころか、始まらないです。

 

ぶっちゃけ質問と相槌をローテーションしてるだけで、会話なんて成立するんだよ。

 

質問は、
相手のことを質問してあげる、ってのが大事ですね。

 

最初は軽いものから。
いきなりプライベートの質問とかはやめた方がいいです。

 

というかやめろ。

 

さじ加減が大事です。

 

職場のコミュニケーションが苦手な人へ

 

職場のコミュニケーションは、
8割方、仕事だと思ってやってみてください。

 

とにかく大事なのは、

 

  • 相手に反応してあげる
  • こちらから関わってあげる

 

という、
あげる精神です。

 

そんなゴミみたいな精神持てないわ〜、って人は、
仕事できるようになってください。

 

そしたら万事OK。

 

オススメ

社会不適合者が就職を捨ててあることをしたら人生変わった

挨拶が苦手で、仕事の人間関係がうまくいかない。解決法3選


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。