ブログの自己紹介記事の書き方!書いていないとヤバイ理由

ABOUTこの記事をかいた人

不登校→フリーター→ニートを経て、プロのにわかゲーマーに。現在はブログを中心に収益化。就職?したことありません。すべての行動原理は気分。マーケティングの魅力に取り憑かれたただの引きこもり。

こんにちは、しおりです。

 

ブログを始めるとなった時、まっさきに作成したいのが「自己紹介記事」。

 

とはいえ、自己紹介って「あなたの長所はなんですか?」という履歴書の欄並みに、何書いたらいいか分からないですよね。

 

でも実は、簡単なコツがあるので、今回はそれを紹介していきます。

 

ちなみに、もしまだ自己紹介記事を作成していない、という人がいたらヤバイです。

 

何がヤバイって、その理由は後で説明します。

 

まずは書き方から!

 

スポンサーリンク

ブログの自己紹介記事の書き方はこれだ

 

まず、ブログの自己紹介記事で書いたらいいのは、たった二つだけです。

 

  • 自分は何者なのか?
  • 過去のエピソードは?

 

とりあえず、この二つを書けばOK。

 

で、

 

  • 自分は何者なのか?

 

に関しては「性別」、「年齢」、「職業」など、「イメージ」しやすい情報を読者に与えていきます。

 

例えば、

 

  • 「私は現在24歳の女性で、もともとは保育士をしていました」
  • 「私は現在34歳の男性で、現在は公務員として働いています」

 

これらは架空のプロフィールですが、それでも何となく「イメージ」はできましたよね?

 

もちろん、性別や年齢を公開したくないという人もいると思います。

 

その場合は、ココナラで自画像(イラスト)を書いてもらったり、他の情報を出したりするといいです。

 

  • 好きな食べ物
  • 過去のあだ名
  • 身体的な特徴

 

などなど。

 

(ちなみに、私のプロフィール画像もココナラのイラストレーターさんに描いてもらっています)

 

ブログの自己紹介記事の書き方はこれだ②

 

では、次は、

 

  • 過去のエピソードは?

 

について解説します。

 

というか、そのまんまなんですけどね。

 

ただ、ひとつ注意点があって、それは、

 

  • 説明文にしないこと

 

なんか、自分のことを話しているのに、まるで他人のことを話しているみたいに説明口調になっちゃう人、多いです。

 

でも、それじゃつまらないですよね。

 

なので、「感情」を意識して書いてみてください。

 

例えば、

 

  • こんなことがあって、嬉しかった!
  • こんなことがあって、ムカついた!

 

大人になると、感情を表に出さないようにする人が多いですが、ブログの世界では別です。

 

ぶっちゃけまくってください。ほどほどに。

 

スポンサーリンク

ブログの自己紹介で大事なのは、ギャップ

 

さらに、高等テクニックなのですが、

 

  • ギャップを出す

 

というのはとても良いです。

 

例えば、先ほどの「24歳元保育士」だったら、何となく「優しそう」なイメージがありますよね。

 

だからこそ、敢えて、

 

  • 言いたいことはハッキリいう辛辣キャラ

 

にしてみるとか。

 

「34歳公務員」だったら、「真面目そう」なイメージがあります。

 

そこを、

 

  • ユーモアがあって紳士なキャラ

 

にしてみるとか。

 

そうすると、一気に「身近」に感じられて、親しみやすくなります。

 

(※もちろん、自分と乖離しすぎたキャラにはしない方がいいです)

 

ただ、ギャップは出し方を間違えてしまうと、一気にイメージダウンとなってしまうため、難しそうだなと感じたらスルーしてOKです。

 

ブログを書くコツ。アクセスを伸ばす基本はコレ

 

【ブログ】ダメな自己紹介の例:よろしくお願いします

 

「〇〇です。よろしくお願いします」

 

いややる気あんのか\(^o^)/

 

そもそも、自己紹介記事を書く理由は、自分という存在を「認識」してもらうためです。

 

でも、「よろしくお願いします」だけじゃ、認識してもらえません。

 

何より、イメージしづらいです。

 

全然その人のイメージが湧いてきませんよね。

 

文体で何となく、「女性なのかなぁ?」「男性なのかなぁ?」ってなるレベルです。

 

でもそもそも、読者はそこまであなたに興味を持ってくれません。

 

数分後には、読者の脳内からあなたの存在は完全抹消されています。

 

南無。

 

【ブログ】ダメな自己紹介の例②:経歴の羅列

 

たまに、経歴をバーッと羅列している人がいます。

 

正直、どれだけすごい経歴であったとしても、微妙です。

 

そもそも、ほとんどの人は、そんな大した経歴を持っていないのではないでしょうか(煽り)

 

仮に、あなたがすごい経歴の持ち主であったとしても、企業相手ならともかく、一般読者にとっては「だから?」で終了です。

 

読者はあなたの履歴書が見たいわけじゃありません。

 

少なくとも、個人ブログに関しては、経歴の羅列はしない方がいいと私は考えています。

 

だってつまらないから。

 

ブログで自己紹介を書いてないとヤバイ理由!

 

さて、ここからは、なぜブログで自己紹介記事が必須なのか?

 

ということを書いていきます。

 

で、実は先程、さらっと書いてしまったのですが。

 

  • 「あなた」を認識してもらうため

 

です。

 

そもそも読者は、「誰が」ブログを書いているかなんて、知りません。

 

知ろうともしません。

 

必要な情報さえ手に入ればOK。

 

読者は無慈悲。

 

でも、だからこそ「あなた」を認識してもらうことが、とても重要なのです。

 

【ブログ】何を書いたかではなく、「誰が」書いたか【自己紹介】

 

なぜ、ブログで自己紹介記事がそんなに大切なのかというと、「あなた」を認識してもらうことによって、

 

  • 信用関係ができる

 

からなんです。

 

信用関係ができると、リピートしてもらえるようになります。

 

  • どうせ調べるなら、あの人のブログで調べよう

 

さらに、商品を売る場合も、

 

  • この人が紹介しているなら、間違いないだろう

 

と、商品を購入してもらいやすくなります。

 

え、自己紹介、めちゃくちゃ大事じゃないですか?

 

いや、めちゃくちゃ大事なんですよ!(今更)

 

【ブログ】自己紹介することで、企業に勝つ

 

最近では、企業が「資本力」と「数」で、ガチガチに参戦してきています。

 

ソシャゲで例えるなら、同時期に入ったけど、相手はガンガン課金していて手も足も出ない、そんな状況です。

 

今までコツコツと無課金でやってきた人なら、太刀打ちできるかもしれません。

 

(真正面からぶつからないことで)

 

しかし同時期は無理。

 

どれくらい無理かっていうと、企業はライターを100人雇って、その人たちに1日1記事書かせれば、1日で100記事を更新することができます。

 

チート\(^o^)/

 

1ヶ月後には、3000記事。

 

数の暴力\(^o^)/

 

これが、資本主義だ。

 

だからこそ、個人ブログでは「誰が」書いているのか、ということを認識してもらい、読者と「信用関係」を築くことが重要なのです。

 

【結論】ブログで自己紹介を書くのは超重要

 

ブログで自己紹介記事がどれだけ重要か、お分りいただけたでしょうか?

 

つまるところ、稼ぎに直結すry

 

まず、自己紹介文の書き方。

 

  1. 自分が何者かを書く
  2. 過去のエピソードを書く
  3. ギャップを出す(可能なら)

 

特に意識してほしいのは、

 

  • 感情を出す

 

ということです。

 

それこそ、目の前に読者がいる、というのを想定して書くといいのではないでしょうか。

 

そして、何でこんなに自己紹介記事が大事なのかっていうと、

 

  1. 「あなた」を認識してもらうため
  2. 信用関係を築くため
  3. 企業に負けない負けない負けry

 

以上です。

 

ちなみに、私の自己紹介記事はこちらです。参考までに。

【プロフィール】いやそもそも「しおり」ってだれ?

 

オススメ

ブログ記事を書く時に意識したい3つのこと

ブログを書くコツ。初心者の時から意識しているたった1つのこと


------------------------------------------------------------------------------
私は、
21歳で就職を放棄して、

今は、「ブログ」をメインに、
好きなことをしながら、自由に生きています。

読書したり。
映画みたり。

後、ゲーム。

最近では、
ブログで稼ぐ方法を、簡単にまとめたりもしています。
初心者がブログで稼ぐには?

もともとは、
不登校だったり、フリーターだったり、ニートだったり。

コミュ障すぎて人間関係壊滅で、
自分の人生に息苦しさを感じていました。

私の詳しいプロフィールはこちら。
【プロフィール】いやそもそもShioriってだれ?

でも、今はそれなりに楽しいです。

自由に生きられるのって、
気楽でいいなーって、ほんと思います。

好きな時に寝て、起きて、
好きな時に好きなことを自由にできるので。